オンラインでの仕事のやり取りが今回のコロナ騒動で増えていってますね。

また、第2波、新たなウィルスの話がある中

通勤のリスクは益々見直されていくことでしょう。

 

確かに私もかつて通勤電車で通っていた時代もありましたが

朝からそれだけで体力が奪われますよね。

さて今回は「オンライン上のお客様との面談で気をつけること」の
画像に自分越しに映る背景についてです。
 

先ずはこちらとこちらをご覧ください。


オンライン会議で注意したい背景

 

正面をカメラ目線でシャツも着用されていいのですが
どうしても背景にある本のタイトル気になりませんか?

 

「この方はどのような本を読まれるかしら?」

なんて目を追ってしまうのですよね。

 

もう少し距離があれば「書棚があるな」ぐらいになるでしょう。

 

こちらは私の仕事部屋の背景になりますが
2パターンを並べてみますね。

 

オンライン会議の背景例①

 

 

オンライン会議の背景例②

 

どちらが気になりますか?

 

どうしても人は色の違い、高さの違い、配列の一定性でないものに

眼が行ってしまいます。

 

印象の分野の用語でいえば「ノイズ」です。
 

何が書いてあるのかな?なんて見たくなりますよね。

 

そこで背景はできる限りシンプルをお勧めします。

単に白い壁の前でも大丈夫です。

そちらに折り畳みの机を持ってきてもらうなどして

オンライン時の場所は家の中でも決めておくといいでしょう。

 

私はオンライン研修用の場所として先方様に伺わなくても

やはり大きくなくても良いのでセミナールームを考えておりますし

準備いたしました。

また、講師が自宅で行う場合にと考え背景となる「折り畳みスクリーン」を購入しました。

 

折り畳みスクリーン

 

折り畳みスクリーン 寸法

 

持ち運びは少し大変ですが自宅で行う場合には
投影用意も使えますし背景を白にして
画面上の自分に集中して欲しいような講師業には向いているかもしれません。

ただし
打合わせ、商談などではそこまで準備しなくてもいいかもしれませんね。

そして最近サービスとしてあるのが
「バーチャル背景」です。

 

バーチャル背景

 

様々なものがありますが
自分のイメージや今回のオンライン上のやり取りで相応しいものを選ばれますように!

 

といいますのも

あるZoomでのやり取りを拝見していたところ

ある主催者が、一度話を止められ「○○さん、すごい豪邸に住んでますね」

って話が変わってしまわれたのです。
思わず他の参加者のその方の画面を見ましたが

本当に素晴らしいおうちで・・・
「いえいえ、バーチャル背景です」とその方も答えられたのですが

 

やはりビジネスには時と場合、TPOは大事なので

内容に合う背景や逆にその背景を効果的に使うぐらいになっていただくと

良いのではないでしょうか。


オンライン会議に適したバーチャル背景

 

良く私は「印象」の話で

人は「曲線と直線」で受ける心理の効果が違うのだとお伝えしますが
まさに、ビジネスの場は「直線」で構成されたものが多いです。

机、ドア、窓、スクリーン等々 

それがビジネスに必要とされる「正確」「誠実」「信頼」などの

印象を五感で感じるからです。

ですので背景は同じように

ビジネスの場合は色を少なく、雑然とではなく整然と
そしてより直線的な要素が多い背景ならビジネス色強くしてみたり

 

洋服でその人の印象が伝わるように

オンラインでは画面上の上半身のあなた+背景が

その方の印象を決めていきます。

オンラインより私もリアルが大好きです!

人はより多くの五感を通してコミュニケーションをとっていきます。

 

ただ、今後はこのウィルスの出現により

新たな産業革命の時期に入っていると思います。

 

そして人間は今までの過去のウィルスと共存しながら

今があります。

どうぞ皆さんのお仕事がよりウィルスの共存とともに

発展しますように

 

オンライン上のお客様との面談で気を付けること~背景~について
お伝えいたしました。

 

印象ブランディングコンサルタントの余語まりあでした。

 

余語まりあ