yogo_04_A今回HPをリニューアル致しました。今まで以上に企業様の顧客から個客想像へサポートするコンサルティングファーム「株式会社ワイズエフェクト」として内容をアップしとております。   ではコンサルティングフォームとはどのようなものでしょうか?企業様が抱える課題に対して‘ブランディング’をキーワードに問題を発見、整理し問題の解決策提案したり業務の改善の補助を行う事で企業価値を高めるように構築して行きます。   特にこれからはお客様=個客という視点でニーズを満たすことができる企業のブランド価値を作り出して行く視点で戦略的に行っていきます。 先ずは経営者の考え方や思考クセそして現場で起きている問題や抱えている課題についても徹底的にヒヤリングし問題を発見します。そして次にその問題を整理して解決策を一緒に考え仮説を立てて実行しまたフィードバックしながら目的を叶えて行きます。 例えば、経営者のビジョンが明確でないとなかなか想いを社内に定着させることは難しいものです。経営者は自分の考えとなると意外に明確な言葉に出来ないことがあったり   もし出来たとしても社員に伝わるかどうかは別問題です。 そのような時に、経営者の想いを明確な言葉にしてそれを実現できる社員を育成にするために具体的な研修などを行い社内に益々ビジョンを浸透させる仕組みまで作って行きます。そうなりますと企業体が一つの目的を共有し進むので力を発揮することになり   業績アップに繋がるのです。 また企業の想いの詰まった商品をどのように提供して行こうかという場合、女性目線を活かしてひとり一人のお客様を想像しマーケティング視点を駆使しよりお客様が欲しいと思うような提供の仕方、魅せ方などを行います。こちらも商品をブランド化するために戦略的に構築していくのです。 企業において目の前にあることはいつも山積みだと思います。業績がいいからと言ってそのままにもしてられず次の策を考えることもあるでしょうし、現在厳しいところはなんとかしてその状況を抜き出ようとされると思います。 その際に忘れてならないのは一つひとつは単なる事例で、それを起きてから毎回解決するのではなく点ではなく帯で物事を見て情報収集する!戦略を立てる!準備する!実行する!その中でどのような組み立て方をすればいいかを一緒に企業側の目線に立って考えてるのが弊社が皆さんにお伝えできることです。 弊社は具体的な研修事業が発生した際は人材トレーニングセンター「トレセン名古屋」とも連動したりより精度の高い情報収集のためのスーパーバイザー制度なども取り入れよりお客様=個客目線に立ったコンサルティングファームを行ってまいりますので   宜しくお願い申し上げます。