士業の先生方も最近は自分ブランディングを意識されるようになっておりますね。
〇〇弁護士法人事務所、〇〇税理士法人、〇〇会計事務所などのように
士業の先生お一人ではなく、複数いらっしゃる法人事務所にされていらっしゃるところが
活動を広げるにあたってなくてはならないのが「ブランディング」です。

01

私もよくお話をお聞きしますが、士業さんで法人事務所さんのブランディングにおいては
そこの先生、そうです!人のブランディングが重要です。
何故なら、士業さんの場合は資格を持っていらっしゃれば
そこに差があることはとても分かりがたく、わかるのはやはり人となりとか
見た目とかその人が発する全てからなのです。

その方のパーソナルを意識したものを考慮してブランディングする場合の
ポイントは3つあります。
1、自分の中から湧き出る強みであること➡力を十分発揮できるから
2、世の中のニーズに合うもの➡独りよがりではなく仕事に結びつくように
3、スキルの担保があること➡例えば信用&信頼が士業さんには重要だから

上記を踏まえてその方の売り方を考えます。
タレントさんのプロデュースをするようなタレント戦略を取っていきます。
その方を活かした場はどこか?
その方を活かしたものは何か?
その方を活かしたコミュニケーション方法は何か?など

あらゆる可能性に仮説を立てて考えます。
通常のコンサルタントさんですとそこで終わりの可能性もありますが
私は出来る限り実現へ早く近づける為に
その道筋を立てられるように、人脈やら情報やら色々と手繰り寄せて
繋がるようにしていきます。

それがスピードアップの所以です。
例えばパフォーマンスが高く声も感じも良い先生となると、皆さんの場に触れる機会を多く持って自己演出できる場をご提供するような流れを作ったりします。
そこで認知を上げ次に繋がるようにとしていきその先に法人格で契約が出来るところを増やしていくということもあります。
パーソナリティを活かしての営業方法ですよね。

士業さんもこれからは益々、個人にフォーカスしたブランディングが
必須になりますね。