4月に入りますと各地で新入社員研修などが行われますが
弊社では、「新入社員研修」というよりも特に営業など日々お客様に
お会いする方々に向けて、「第一印象の効果的な活かし方」を
「外見・聴き方・伝え方」でお伝えしております!

ビジネスマナーも実は社会人、企業人になり一番最初に身に付ける基本ルールです。車の免許でいいますと教習所で習うようなことです。
研修では教本に載っているような基本動作や交通標識のような事柄を
お伝えし、必ずワークで身体を動かしていただくのは頭でわかっていても
身体が動かなければいけなくてそれが教習所で言いますと教習所内の敷地で運転するようなものです。

さてその後、お試し期間として3か月ぐらいはもしかすると路上運転のような視点で社内も暖かく見守ってくれるかもしれません。
しかし夏ごろになるともう一人前として評価されていくわけです。

そこで営業スキルは企業様によっては細かく指導が入るところもあるかもしれませんが、実は先輩より教えてもらうという所が多いです。
ということは先輩のやり方は教えてもらうけど、どのようなスキルがあるといいのか?というのはなかなかそこまで時間を費やし営業に入る前に指導をする企業様は少ないのが現状です。

そこで弊社では同じ研修でも即戦力となるようにその企業様の営業スタイルや
商品、サービスについて事前にわたしどもが熟知し、何が営業の効率を下げているのか?どんな理由で断られることがあるのか?などを事前にお聞きした上で研修内容を組み立てさせていただきます。

営業マンとして必要なまず人とお会いしてNGにならず
あなたを受け入れて好感を持っていただくための
ノウハウとして・・・第一印象、スーツの着こなしなど女性の場合もですが
ビジネスファッションの身だしなみや服装戦略について、姿勢、笑顔、そして各種所作のポイントなどをお伝えします。
次に話さずして営業にはならないので本当に基本となる「聴く・質問する・伝える」を行います。

20170413

「聴く」は耳+目+心で聞かないと聴くにはならないのです。
その為の阻害要因を知り、自分がどの阻害要因が高いのか?もチェックします。
自己分析です。そしてそのための対処法などもお伝えします。

次に「質問する」こちらは質問をどのように投げかけるかで相手のニーズを引き出せます。営業と言いますととかく自分が話す側を思われるかもしれませんがお相手のニーズを引き出していかないとそこにフィットしたセールストークはできません。

その質問の仕方を実際に行って頂きながら、傾聴+質問+傾聴+質問・・・・というように御社のビジネス事例に合わせてワークを行います。

最後に伝え方、こちらは
単にセールストークを言うということではなく、話すという全体の中で
伝える人になるためにはその人の使う言葉が大切です。
使う言葉一つで人の心が前向きに働くか、後ろ向きになってしまうか
違います。

同じ事実をどのように捉え伝えるかです・・・営業マンとして求められる人物像はプラスオーラ―のある方です。
それには弊社でレクチャーしております「伝え方」は使うことで先ずはその方が前向きになりそして周りも前向きになるポジティブシンキングに繋がります。

「外見を整え人の話を聴け、より内容をくみ取り前向きなご提案を伝える」
そのような営業の方の育成をお考えの企業様、ぜひお問合わせいただけましたら先ずはヒヤリングにお伺いさせていたきます。

お問い合わせ➡http://ys-effect.co.jp/contact/