営業でお悩みの企業様は多いと思います。
ただ、その分析はどのようにされていらっしゃいますか?

もちろん数値化はされていらっしゃるかと思います。
ただ、その数値の裏に隠された部分を出して行き、
改善していかないと、人はそれほど自分が当たり前で行っていることの中に
ヒントがあると思っていない場合があります。

例えば一日10件、新規の飛び込みをしています。
そこで何を話してきたの?
そもそもなぜ10件なの?
その時にどのようなことを聴いてきたの?
そこで何か言われたことはなかったの?
その10件はどういう理由で選んだの?
そのうち会話が15分以上続いたところは何を話してきたの?
どのような担当者だったの?
・・・・・いくらでも質問が出てきます。

そこをちゃんと残して分析していく中に
営業成果を上げるヒントが隠れています。

成績が良い営業マンはそれを自分の頭の中で行い
ケースバイケースで対応力まで身に付けています。

ただ教育という観点は、個々に出来ていることを見える化し
誰もができるようにするのが「教育の醍醐味」です。

例えば小学生2年生で九九を習った時
だれでもできるように暗記を取らせてましたよね。
そうすることで文章問題を解くときにもその暗記のから答えを結び付けて出せるように
なっていると思うのです。

営業の今、現状を見える化していかないと
課題は課題のままになっていき、人は疲弊していきます。

人は成長経験を積むと、嬉しくなり伸びます!
どうぞ営業の見える化に「傾聴スキル」を身に付けてみてください。

弊社はコンサルティングでは営業の現状を見える化し、
分析データーにして次の策を皆さんと一緒に考えて行きます。

http://ys-effect.co.jp/service/