20170327_01

春になりますと、新入社員、就活生など街にはよりスーツ姿が目につきます。
自分自身をビジネスにおいて表現する「スーツスタイル」 たとえ3万円のスーツでもパーソナルブランディングを意識すれば 30万にも300万以上の価値にもなるのがビジネスにおける印象です。

男性は日頃およそ9時間ビジネスでスーツを着て、それ以外のプライベートタイム
例えば食事をするとか会社の生き帰り、そんな時間まで含めると12時間は着ていらっしゃるかもしれません。

そして何よりも自分自身を表現するツールであることには間違いありません。
このパーソナルブランディング研修は何も「イケメン」になるものではないのですが 自分自身の価値を最大値に上げる研修です。
ポイントは自分自身を知り尽くすこと、そしてそのうえで目標を明確にすること その中で自分自身との間にギャップがあるはずです。

そのギャップを様々な知識やテクニックで埋めるのが「パーソナルブランディング」研修です。 自分のお顔と身体は一生付き合っていくものです。
だからこそ自分自身の価値を最大限に表現することは自分自身が楽しく豊かになっていきます。

皆さん、それを望んでいらっしゃるはずなのに、その方法がわからないから、取り入れられないのです。
今回は見た目の印象ということでビジネスファッションについてお伝えしましたが 話し方や立ち振る舞いなどすべての印象があなた自身のメッセージとして日々発信されていらっしゃるのです。
だからこそ自分自身をブランド化する意識をまず持ち、自分自身が持つお顔やお身体や話し方や聴き方など人にすぐ印象として見える部分とすぐには見えないけれど自分自身に備わっている様々なスキルや考え方、価値観、思考を見え化し活かすことが自分自身のブランドを最大値へ活かすことです。
意外に思われるかもしれませんがそれぞれの内面の特徴を見える化することでコミュニケーションの課題も解決する場合が多いです。