まだ商品カタログだけでに頼っている企業様!時代は何を買うか?ではなく誰から買うか?です。

多くのカタログを持って歩くよりあなたのパーソナルブランドを活かした「アプローチブック」を持って営業に出かけましょう!

以前損保様の研修の際ににも商品カタログよりも日々の業務の中に自身のアプローチブックを更新して持つことに注力している企業様がございました。   要は今は人の価値でモノが動く時代です。感動することを人は求めているのです。   営業アプローチブックとはどのようなものでしょうか?   それはあなた自身です!   あなたの価値観 あなたの経験値 あなたのスキル あなたの感動したこと あなたならではの情報 あなたの子供時代 あなたの夢など・・・   あなたしか語れないことです。   先ずあなた自身を商品にするところからアプローチは始まるのです。   人は話し手が自分を開示すると聞き手も開示すると言われています。   ただこのアプローチブック、必要とわかっていてもなかなか自分で作れる方ばかりではありません。   ではどうしたらいいのか?   まず社内でこの取り組みをすることを共有していただきます。   その次にワークとして自分の棚卸をします。 でもこれをしていることを仕事と思ってしまってはダメです。   仕事に向かう前の準備です。   そして一つひとつ棚卸をしたらストーリー性を持ちましょう。   お客様と実際おあいすることを想定して喋れるようにしていきます。   人はアウトプットして初めて自分の心に落ちるモノです。   やろうと思っていてもなかなか取り掛かれない企業様へ   弊社は企業ブランド戦略を立て構築する様々な戦術を現実化するために プロセスマネジメントを致します。   そうです!新しい取り組みにかかるにはプロジェクト化してススメますが それに伴う人を雇うとか、今行っている仕事にプラスをさせるのも・・・   そのような時だからこそコンサルタントがプロジェクトに参画して 期限付きで進めて行きます。