コンサルティング営業   コンサルティング営業って聞かれたことはございますか? 時代は商品の多様化は既にマックスでリアルな場面だけでなく web等も通して情報は拡散し、消費者がどんどん情報や 購入場面を持つ時代において 「モノの売り方、あり方」自体が変わって来ています。   家電の空気洗浄機ひとつにしてもネットでも買えるし ネットで調べた上で店に行く場合もあるでしょう。   ではなぜ人と接して買うことを選ぶのでしょうか? それは人ならではのサービスがあるからです。   また高額な商品、家や車はネットなどで購入することはありません。 むしろ情報はかなり取って行く場合もありますが そこには人を介してしか購入することはありません。   モノがない時代は そのモノで勝負できましたが 今のようなに物は溢れている時代では‘個客’=個のお客様の心を掴む そのような営業こそがコンサルティング営業です。   営業スキルアップで今までも様々な企業様で研修をさせていただいておりますが ‘顧客’から‘個客’へ お一人おひとりのお客様のニーズにお応えできる営業マンに育成できればと 企業も望んでおりますし、もちろん営業マン本人も望んでいることでしょう。   ではなゼお互いが望んでいるのに それが社内では数字だけやリーダー格に任せるだけで 教育として内製化していっていないのでしょうか?   それは個々の頭や体験の中にあることを出して まとめていないのと、もう一つは基本として人間力を 磨くことをしてきているかしていないかを本人次第にしてしまっていることです。   そしてもっと大きなことは社長自体が一番の営業マンであるため そのマインドなどを伝えているようで伝えきれていないで 目の前の数字目標ばかりを伝えて望んでしまっていると 「コンサル営業」としての基本姿勢から一つひとつの業務のノウハウまで 浸透していないままなのでいつまでたっても結果が出ません。   結果を出さない社員に向けて良く観て聴いている企業は 教えて行くことも見えて来るので成長は望めますが 大体の場合、「やる気」で処理されてしまう場合も多いです。   そこで弊社では どのように「コンサル営業」をコンサルティング&研修で 実現していくのかについてシリーズでお伝えします。   次回は弊社がコンサルティング営業を行う上でのステップです!