企業コンサリストの余語まりあです。   今週は業種別ブランディングについて書かせて頂いております。 昨日は「美容院のブランディング」でしたが 今日は「エステサロンのブランディング」について 一瞬同じのように思えますが実はだいぶ違います。   何が違うのかと言いますとまず ①髪は必ず伸びます。求めるレベルに差はあれど必要になります。  でもエステはまだまだ付加価値要素です。 ②髪は男性も扱う場合はありますが、身体は女性がほとんどです。  髪は男性目線でステキにみえたい要素もあるので男性スタッフが価値があると  それでお客様がつきますが、エステの場合はキレイな女性スタッフだから  お客様がつくとも限らず、観点は様々です。    意外にあのスタッフさんが痩身された方が…という方が痩身施術をされる場合も  ありますし、手もいい感じで気持ちいい場合もあります。   ではエステサロンのブランドとは何でしょうか? 大きくわけて今は2つの形態があります、 CMや冠となるキャラクター社長がいらっしゃり ネームバリューなどわかりやすいブランディングをしているところ   もう一つはマーケットを絞り込み 口コミや地域性、メニューの特性を活かして ブランディングしている小さなサロン   どちらもお客様のニーズでわかれてますが 最近は後者に多くの方が通われているような・・・   ではそれは何故でしょうか? 大手はカウンセリングする人と施術をする人がちがう場合が多いです。 話を聴いてメニューなどをご提案するのはカウンセリング でも身体を触るのはエステシャン これは大手ならではの採用面からそうなっているため 営業部門とサービス部門が離れてしまっている場合が多いです。 それでも最近はその弊害を減らす為の工夫も行われているみたいですが 実は小さなサロンですとそこは一緒のことが多く カウンセリングから施術までトータルで行うことで 信頼関係をつくりやすいというのがあるのかもしれません。   ただネックももちろんで技術者として良くても カウンセリングからコンサルティングセールスが出来るとは限りませんし そのことはエステの学校でも教えてくれません。   だからこそ個人のスキルの差が出てしまうのですし オーナーも自分が出来ても指導が出来るとは限りません。 弊社ではこのカウンセリングからコンサルティングセールスができる エステサロンの人材育成を行っております。 お問い合わせはこちら⇒http://ys-effect.co.jp/