人と人とのコミュニケーションはプライベートだけではなく
ビジネスの場においても日々行われていることです。

昨日もある企業様で営業マンの方々の日頃の営業ではの場の見える化を
させていただいたのですが・・・

まだまだ「目の前の方に興味を持ちお聞きすることはありませんか?」と
いう課題が浮き彫りになっておりました。

営業=売り込みをするということではなく
目の前の方のニーズを引き出すということが
一番のポイントになってきます。

江戸時代からでしょうか?
「御用聞き」というルートセールスのような得意先を定期的に周り
何か受注につなげるという言葉がありますが

単に得意先を訪問してればいいというものではなく
効果的な「御用聞き」は聴きだしてこそ!のことですよね。

何も営業に限ったことでもありません。
部下の育成でも、社内の人間関係でも
基盤にあるのは「聴く」という行為です。

この「聴く」!「聞く」とは違います。
漢字を見てみましょう。
耳+目+心があってこそ、初めて「聴く」なのです。

目の前の人に関心を持ち、耳で聞き、目で観察し、心で感じること
そこに本当の聴くがあります。

その為に人には阻害になる原因がいくつかあります。
その中でも一番大きいのは「自分の我」ではないでしょうか。

「我」が発生したとたん、耳を塞ぎ、目を閉じ、心に届けないことがおきます。

その「我」は時に自分の利益だけ、時に自分の思い込み、自分の中の弱いところを
占めているように思います。

ではそれを外すにはどうしたら良いのでしょうか?

先ずは自分の「聴く」の傾向を知ることと
「我」の源にたどりつき、目の前の人に素直に関心を持つことに尽きます。
その場を一瞬にして自分の心の中に出来るかどうかです。

コンサルティング業をしておりますと
お客様との対話が本当に多いです。経営者はもとより社員さんまで
課題を見える化するには「傾聴」に尽きるからです。

今日は犬山にて「傾聴・質問・発信」についての講演をしてまいります。

弊社はこの「傾聴力」を通して業績UP! 社内コミュニケーションUP!についても
ご指導させていただいております。

社員ブランディング研修
「傾聴&質問力研修」➡http://ys-effect.co.jp/training/